MEDIA & NEWS

Welcome to The Meadow

by Mark Bitterman

何かを探しているときってありますよね?車のキー。暖かいランドリーバスケットから取り出したストライプの靴下の片割れ。あるいは、半年間行っていないジムのロッカーの南京錠の暗証番号など、自分の中にある形のない何か。 それが何であれ、存在しているという事実を知っていても、今この瞬間手に触れる子が出来ないものです。 しかし、ほとんどの場合、それが本当に失われたわけではないことを知っています。どこから見ても自分の世界から消えているのに、どこかに存在している。 この不協和音が不安の原因となるものです。

家を失ったことを想像してみてください。自分の居場所を。 それがどこかにあることはわかっていますが、いったいどこにあるのでしょうか。

メドウはその家なのです。 あなたの家です。いつでもあなたを歓迎します。

私はメドウのオーナーのマークです。あなたにその歓迎の気持ちを伝えたいと思います。 もし、あなたが私の家の玄関にいたら、私はあなたを招き入れるでしょうし、あるいは玄関の階段に座るでしょう。 2匹のライオンのような猫があなたの膝の上でうとうとしているのを見て、何か飲み物を勧めるでしょう。たいがいは、あなたや私の旅の話をするでしょう。 電車で車掌さんが見せてくれた思いがけない優しさ。 街角のパン屋さんで見つけた奇跡のパン。 崖の上のパティオで、塩味のスナックと苦いカクテルをつまみながら見る夕日。 つまり、私たちは、私たちをつなぐ味と景色と人々への愛で結ばれているのです。

私たちは本当にコミュニティなのです、あなたも私も。私のコミットメント、そしてThe Meadowの全員のコミットメントを、あなたも感じることでしょう。

このページに参加してください。 このページでは、私がThe Meadowを立ち上げ、コミュニティを構築するきっかけとなったストーリーを紹介していきます。

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

 Welcome to The Meadow

  •  by Mark Bitterman 
  •  
  •   2 min read

You know how, when you are looking for something? Car keys. That second striped sock pulled from the warm laundry basket. Or even something inside you, like the combination to that padlock for the locker at the gym that you haven't take to the gym in 6 months.  Whatever it is, it's a thing you know for a fact exists but in the moment you just can't lay hands on it--except maybe the sock; those things really do vanish by dark magic.  But for the most part, you know it's not really missing. For all intents and purposes it's gone from your world, it exists somewhere.  This dissonance causes anxiety.  

Imagine now that you've lost your home. The place where you belong.  You know it's out there, but where?  

The Meadow is that home.  It's your home, and we welcome you, always.  

I'm Mark, the owner of The Meadow, and I'd like to make that welcome personal.  If you were at my front door I'd ask you in, or we'd sit on the front steps.  I'd suggest you let one of our two very lion-like cats doze on your lap, and I'd offer you something to drink. Most likely we'd talk about your travels, or mine.  The unexpected kindness shown by a train conductor.  The miracle pastry from a corner bakery.  The sunset from a clifftop patio, nibbling salty snacks and a bitter cocktail.  In short, we'd be together, joined by a love of the flavors and sights and people that connect us all.  

We truly are a community, you and I.  I can feel it. My commitment, and the commitment of everyone at The Meadow, is you feel it too.

Join me on these pages.  I'll be sharing stories that gave me the inspiration to start The Meadow and build our community.