MEDIA & NEWS

Stickers and Robots

by Mark Bitterman

リンゴからプラスチック製のバーコードシールを剥がす。チーズが入っていたプラスチックのスリーブをゴミ箱に捨てる。 いつもと同じだ。 そして、いつものように後悔の念に駆られたり、恥ずかしいと思ったり、反省したり、イライラしたり...

 ほんの数年前までは、人はお肉屋さんの紙に包まれたチーズや八百屋さんの果物などを買っていた。1ポンドのチーズが肉屋の紙に包まれている?考えてみてください。 それは感覚です。 良い握手のように。 信頼できるものです。

 このような素朴な習慣を、一昔前の庶民的なものだと片付けてしまいたくなります。ポーチの上でナプキンリングなどを削っている年配の男性は、あなたにウィンクして、「昔はもっとシンプルだったんだぜ、お若いの」と言うかもしれません。 しかし、私たちは彼に尋ねなければならない、それはどういう意味なのか? シンプルな時代とは、物に貼られた小さなプラスチックのステッカーが少なかったということでしょうか? 生き物や非生物にバーコードを貼ることで得られる効率性をまだ考えていなかったという意味での単純な時代?

私たちは日々、あらゆる場面でプラスチックを環境や体内に取り入れる新しい方法を発明しているように思えます(そう、シールの多くは食べられてしまうのです)。しかも、その量は決して少なくはありません。 スウェーデンのあるスーパーマーケットでは、アボカドに貼られているプラスチックのシールを貼らないようにするだけで、「幅約1フィートのプラスチックが135マイル分」も節約できたと報告されています。 これはすごいですね。

しかし、美しい果物に貼られたプラスチック製のバーコードは、プラスチックやロボットをこの世に送り出すだけではありません。 もうひとつの犠牲があります。

 それは「つながり」です。

 果物に貼られたバーコードは、熟練した誇り高い労働力を、非熟練で非人間的な労働力に変えてしまうことを助長してしまうという、こっそりとした陰湿な問題を抱えています。情熱的で熱心な専門家が働く店と、訓練を受けていない未熟で不機嫌な労働者が働く店とを、魔法のように交換することが可能になったのだ。

 同時に、バーコードステッカーは、果物のような甘くて親しみやすいものを物に変えてしまう。レジシステムにスキャンさせるためのもの。 理想化され、工業化されたもの。 自然の食物システムから切り離された断片的なもの、意味を与える文脈を失ったもの。

 私たちは何かの痛みを感じていますが(正確には指で感じることができなくても、何かを感じていることは事実です)、文句を言うことはありません。たぶんそれは、お金を節約していると考えているからだろう。無駄なお金を使わないために。

しかし、果物に施されたこのパッケージは、私たちに何かをもたらします。 食べ物を作り、売ってくれる自然や人々から私たちは離れてしまいます。私は、食べ物が提供する最大の価値は、カロリーに次いで、つながりだと信じています。 私たちは食べることでつながりを感じます。 それは、自然とのつながり、食生活とのつながり、農家とのつながり、商人とのつながり、ひいてはコミュニティとのつながりなど、さまざまな形で現れます。

 スーパーマーケットのせいではないと思います。スーパーマーケットは、私たちの生活を、食べてはいけないかもしれないけれど、好きだから食べるという、広大な食品棚で形成しています。それは私たちの責任です)。) そして、信じられないほど高品質な食品を信じられないほどお得に販売しているのも事実です。でも、ステッカーは...。陰と陽。指輪物語の影の国と中つ国。キルビルのデイヴィッド・キャラダインとユマ・サーマン。

多くのスーパーマーケットが、品質やオーガニック、ローカルなものを広く私たちに提供するために行ってきたことに、私は本当に心から感動しています。消費者としての私たちの考る価値観が、世界を変えることができるという素晴らしく喜ばしい経験です。次は、「つながり」を取り戻すことです。

 そのために、あなたにできることがあります。スーパーマーケットで野菜を買うたびに、シールを剥がして店内のどこかに貼り付けてください。 スーパーで野菜を買うたびに、シールを剥がして店内のどこかに貼り、捨ててもらいましょう(リサイクルできません)。剥がした果物を持ってレジに近づきます。 何が起こるか見てください。スーパーのマネージャーが生き生きとしているのを見てみましょう。 なぜレジシステムはだめになってしまったのか。座って、何が起こるか様子を見守りましょう。

--マーク・ビターマン

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

Stickers and Robots

Peeling a plastic barcode sticker off an apple. Throwing a sleeve of plastic from some cheese into the garbage.  Same ol' same ol'.  Then come the usual pangs of regret, or is it shame, or is it remorse, or is it irritation...

It was just a few years ago that human beings bought cheese wrapped in butcher paper, fruit from a farm stand, etc. A pound of cheese wrapped in butcher paper? Think about it.  That's a feeling.  Like a good handshake.  Something you can trust.

It's tempting to dismiss such rustic practices as the bygone folksiness of a bygone era. The old coot on the porch, whittling a napkin ring or whatever it is that coots whittle, might wink at you and say, "That was a simpler time, sonny boy."  But we have to ask the old coot, what does that even mean?  A simpler time, as in there were fewer little plastic stickers on things?  A simper time, as in we hadn't yet conceived of the efficiencies gained by affixing barcodes to every living and non-living thing? 

Every day we seem to invent new ways to get plastic into our environment and into our bodies (yes, plenty of those stickers get eaten) at every turn. And it's a not-inconsiderable amount of plastic, at that.  A single supermarket in Sweden reportedly claimed that skipping the plastic stickers on avocados alone saved them “135 miles of plastic about a foot wide.”  Yeesh. 

But plastic UPC codes stuck to a piece of beautiful fruit represent more than the plastic and robots they bring into the world.  There is another toll as well:

Connection.  

The sneaky, insidious problem with UPC codes on fruit is that they aid and abet the conversion of skilled, proud labor into unskilled, dehumanized labor. It is now possible to magically exchange shops staffed by passionate, committed, experts for shops staffed with untrained, unskilled, surly labor.  

At the same time, the barcode stickers turn something as sweet and friendly as a piece of fruit into an object. Something ready for robots to scan.  Something idealized and then industrialized.  Something fragmented, isolated from the natural food system, devoid of the context that gives it meaning.  

We feel pangs of something or another (I know for a fact that you feel something, even if you can't put your finger on the feeling precisely), yet we don't complain. Maybe it's because we figure we're saving money. Money for nothing.  

And yet all of this packaging on fruit does cost us something.  It distances us from the nature and people that create and sell us our food. I'd argue that second only to calories, connection is the greatest value food has on offer.  We feel connection when we eat.  It comes in various forms: connected to nature, to our food ways, to our farmers, to our merchants — and by extension, to our community.

Try as I might to find another culprit, supermarkets are to blame. (Yes, they shape our lives with vast isles of food that maybe we shouldn't eat, but we do eat because we like to eat it! That's on us.) And yes, they also sell incredibly high quality food at incredibly good value. But the stickers... Yin and Yang. Mordor and The Shire.  David Carradine and Uma Thurman.  

I’m really truly impressed with what so many supermarkets have done to bring quality, organic, and local to the masses. It’s a wonderful celebration of how our considered values as consumers can change the world. Bringing back "connection" is the next move.

Here's what you can do to take a stand: Every time you buy produce from the supermarket, remove the sticker and stick it somewhere decorative in the store.  Let them throw it away (they ain't recyclable). Approach the register with your denuded fruit.  Watch what happens. Watch the supermarket's management come alive.  What the robot circuits fry.  Sit back and watch connection happen.

--Mark Bitterman