MEDIA & NEWS

Spring 2020 Memories

by Mark Bitterman

春の始まりの数日は印象的でした。 私たちは、2月と3月初めに訪れた人々笑い声が響くのををまだ聞いていました。しかし、それは単なる残響に過ぎませんでした。 3月15日、私たちは社会的な距離を置くようにとの勧告を受けて店を閉め、の場から避難し、、14年間途切れることなく続いてきたこの小さな店のサービス突然止まってしまいました。パンデミックの発生は混沌としており、私たちが経験する初めての真のグローバルな危機でしたが、私たちはスタッフ、お客様、業者、その他の人々のために最善を尽くしました。

街はあっという間に真っ暗になりました。

私たちはたくさんの料理を作りました。 そしてたくさん。 ほとんどの場合、鍋で作りました。

思い出と、それを与えてくれた場所や人とのつながりへの渇望が、私たちをより多くの味へと駆り立てました。 2019年から20年にかけて収穫されたオリーブオイル、木の妖精がサラダのドレッシングに使うようなホワイトバルサミコ酢、邪悪なアンチョビエキス、注文を受けてから焙煎する地元のお気に入りのコーヒー、パスタなどを持ち込み、私たちと同じように冒険を求めているお客様に提供し始めました。

私たちは、母の日のためにミステリーボックスを作りました。父の日。誕生日。ハッピーアワー。チョコレート好きな人。香ばしい塩味のクッキングクッカー。

前庭のベリーの木に歴史的に実がなるのを見て、ローズマリー・チョコレート・フルール・ド・セルのグラノーラを作り、3週間他には何も食べずに過ごしました。


古いテーブルを運び出しました。天板は納屋の側面から切り出したもので、脚はコネチカット州にある祖母の古い朝食用のテーブルから取ったものです。以前は私のダイニングルームにあったのですが、ミシシッピ通りにある私たちの小さな店のために犠牲になっていました。

私たちはそれを絹のように滑らかに仕上げました。

私たちは、社会的な距離があっても、コミュニティとともに、コミュニティのために祝いました。

しかし、社会的な距離があっても、コミュニティと一緒に、コミュニティのために、嘆き、抗議し、社会的な距離を破ったりしました。

普段あまり一緒にいられない家族とたくさんの時間を過ごしました。

また、東京のお店の営業を再開しました。シュールなポートランドのショップは、東京でよりシュールな世界へと大きく飛躍したのです。パンデミックによる小規模農家への影響を考慮し、新たなパートナーシップを構築しました。地域の農場から直送された新鮮な有機野菜を、東京の新宿駅の真ん中にある大きなテーブルに並べました。 シュールという言葉ではないかもしれません。「リアル」という言葉がぴったりです。



私たちはバナナブレッドを作りました。たくさんのバナナブレッドを作りました。 そして、それをバターと、どんどん増えていくクラフトソルトの実験的なパレットと一緒に食べました。(バターを塗ったバナナブレッドほど、塩が映えるものはありません)。



私たちはほんの少しだけお店のドアを開けて、ポーチから人々にサービスを提供しました。また、デジタル化を進め、オンラインでの注文とポーチでの受け取りを可能にしました。



また、皆様のご支援により、ホームレス状態にある女性や子どもたちを支援し、刑事司法改革や人種差別の問題に声とお金を提供しました。



私たちは皆さんと一緒に、この春が私たちに教えてくれたことについて考えました。私たちは、食べ物や飲み物が、離れていても私たちを一つにしてくれることを学びました。私たちは、自分が弱い立場にあっても、他人に自分の心を開くことができることを学びました。 そして、私たちは考えました。 仮面を通して微笑でも私たちがこれまで以上にお互いを愛することができるのなら、仮面がない世界がいったいどうなるのかを想像してみてください。

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

Spring 2020 Memories

  • by Mark Bitterman
  • Jun 21,2020
  • 2 min read

The first days of spring were memorable.  We were still hearing the echoed laughter of February's and and early March's visitors. But it was definitely just echos.  March 15 we closed our doors to shelter in place and respect social distancing recommendations, and in so doing fourteen years of uninterrupted service in our little shops came to an abrupt halt. The onset of the pandemic was chaotic, the first truly global crisis any of us experienced, but we did our best to take care of staff, customers, vendors, and the rest. 

The streets went very dark, very fast.

We cooked lots.  And lots.  Almost always, in pots.

Our hunger for connection to the memories and of the places and people that gave us them, drove us to pursue more flavors.  We brought in 2019-20 harvest olive oil, white balsamic vinegars that wood nymphs might use for salad dressing, evil anchovy extract, a favorite local coffee roasted to order, pastas, and much more, and began sharing them with our customers, who were yearning for adventure as much as us.

We made Mystery Boxes for Mother's Day. Father's Day. Birthdays. Happy Hours. Chocolate Fiends. Savory salting cooking cooks. 

We watched the berry bushes in the front yard bear historic fruit, so we made rosemary chocolate fleur de sel granola and ate nothing but, for three weeks. 

We hauled out the old table--the top cut from the side of a barn, the legs from grandma's old breakfast nook table in Connecticut. It used to be in my dining room, but it had been sacrificed for our little shop on Mississippi Ave.  

We made it silky smooth. 

We celebrated despite our social distance, with our community, for community,

But only after we mourned and protested and broke with social distance, with our community, for our community. 

Spent a lot of time with family we don't normally spend enough time with.

Re-opened our doors in Tokyo. Our surreally Portland shop took one giant leap into super-surreality. The strains brought by the pandemic on small growers everywhere led us to forge new partnerships. We brought fresh organic produce straight from regional farms to the big table up front--right in the middle of Shinjuku station.  Surreal is maybe not the word. Superreal is more like it.

We made banana bread. So much banana bread.  And ate it with butter and an ever-expanding experimental palette of craft salts. (Nothing shows off a salt like buttered banana bread.)

We opened our doors, just a little bit, served people from the porch. We also went all fancy digital like and offered online ordering with porch-side pickup. 

With your support, we lent support to women and children at risk of homelessness, and we shared our voices and our money with the related causes of criminal justice reform and racial injustice.  

Together with you, we thought about the lessons that this spring invited us to learn. We learned that food and drink bring us together even when we're apart. We learned that we can open ourselves up to others even when we are vulnerable.  And we had a thought.  If, smiling through a mask, we can love one another more than ever, imagine the world we might become without one.