MEDIA & NEWS

Founding a Future

by Mark Bitterman

なぜ私たちはここにいるのでしょうか。 魂の探求は誰にとっても難しく、だからこそ私たちは滅多にそれをしません。 少数の商店・小さな会社にとっては、さらに難しいことです。メドウがこの地球上に誕生してから14年が経とうとしています。私たちを取り巻く世界は、素晴らしい点もそうでない点も含めて、確実に変化しています。私たちも変わりました。
大雑把で大胆、ワイルドであまり賢くない商品選び(塩、チョコバー、ビターズ、花...ほんとにこれ?)は、最も基本的なものの中に最も素晴らしい発見が潜んでいるという熱心な信念を追い抜きました。憧れと知恵、奔放さと思慮深い計画、新しさと伝統、予測不可能性と期待の間で揺れ動くことは、個人的な情熱の鼓動であるはずです。The Meadowも同じです。私たちは、じっとしていることではなく、常に動いていることでバランスをとっています。
ポートランド北部の寂しい通りにあった小さな店には、ニューヨーク、東京、そしてポートランドのノブヒル地区にある3つの姉妹店が加わりました。ニューヨーク・タイムズ紙、ガーディアン紙、Fox、MSNBC、The Atlantic、Rachael Ray、The Splendid Table、All Things Considered、Bizarre Foodsto Scraps、さまざまなメディアに取り上げられてきました。フォーチュン500の企業は、私たちが見出した食と味の世界を見てくれていますし、モネル化学感覚研究所やスミソニアン博物館などの機関とも交流を深めています。 幸運にも5冊の本を出版することができ、そのうちの1冊ではジェームズ・ビアード賞も受賞しました。
しかし、まだ...私たちは、小さな小さな風変わりなお店です。いいですか。マスコミは店を開けてはくれません。 それができるのはお客様だけなのです。 毎日、カーテンを引いてドアを開け、正面のベンチにバケツ一杯の花を飾ることで、どんなにメディアが宣伝しても、それ以上のことを物語っているのです。
そして、今に至ります。

"小売業の終末が続く中、2019年には8,600以上の店舗が閉店する。" 2017年に1億200万平方フィートの小売店が閉店。2018年には1億5500万平方フィートの小売店が閉店(CoStar Groupによる)”


海から現れた巨大な新大陸のように、たった1つのオンライン小売業者が私たちの惑星を永遠に変えようとしています。そして、それに付き合う人々はどこにいるのでしょうか。時には、私たちを取り巻く世界そのものが、SnapchatやInstagramのストーリーの中に消えてしまったかのように思えることもあります。しかし、あなたのおかげで私たちはここにいるのです。 The Meadowのお店は、N. Mississippi Ave.の425平方フィートの店、ハドソン・ストリートに450平方フィートの店、NW23thに505平方フィートの店、 新宿駅には320平方フィートの店があります。
最初の本を書いていた2009年に、"1778年から続くアメリカのリゾート "と呼ばれるThe Greenbrierという広大なリゾート地で開催されたフードライターのシンポジウム(現在は廃止)に参加しました。 そこでの一般的なコンセンサスは、本は死んだというものでした。 幸いなことに、シンポジウムとは異なり、本の死はかなり誇張されたものでした。例えば、大人向けのノンフィクションは実際に増加しています。 誰が知るでしょう。 紙はまだ存在しています。 バターがマーガリンに取って代わられることもありません。。小売店は未来にも存在します。
問題は、その未来がどのようなものになるかということです。多くの店舗が閉鎖され、街はどのようになるのでしょうか?多くの商業が青く光る魂のない世界の中で行われているが、そのような喧騒がないところではいったい何が起こるのえしょうか。肩がぶつかる。 ベビーカーにつまずく。笑顔で挨拶をする。 子犬を撫でる。 ヘリウム風船が手の中から飛んで行ってしまう。物をひっくり返す。 トリュフ塩味のポップコーンを頬張る。握手をする。 別れを惜しむ。お客さん、店主、見知らぬ人、メーカー、みんなが一緒になって、お付き合いしたり、喧嘩したり、発見したり、うっとりしたりしているのが、ショップという小さな現実の場所なのです。そのような物理的な空間の多くがなくなると、あなたの人生はどのようになるでしょうか。違ったものになることは間違いありません。
では、基本に立ち返って、"なぜ私たちはここにいるのか?"を考えてみましょう。 Meadowの人々。小さな店を誇る謙虚な商人たち。それが、このブログの目的です。The Meadowのストーリーを伝えること。私たちの学びを共有するために。私たちの信念を探り、試し、伝えること。 未来は現実であり、挑戦であり、そして本当の意味で素晴らしいものになるでしょう。 このブログやショップで、そのビジョンを形にしていきたいと思います。


--マーク・ビターマン

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

Founding a Future

Why are we here?  Soul searching is difficult for all of us, which is why we rarely do it.  It's even harder for a small company—just a handful of merchants! The Meadow has been on this planet for going on 14 years now. The world around us has changed for sure, in ways wonderful and not so much. We’ve changed too. 

Some of the zany fearlessness that defined our wildly unwise selection of products (salt, chocolate bars, bitters, flowers… seriously?) has been edged out by an earnest belief that some of the most wonderful discoveries can lurk in the most elemental things. Teeter-tottering between yearning and wisdom, wild abandon and thoughtful planning, newness and tradition, unpredictability and expectation — that’s gotta be the heartbeat of any personal passion. And The Meadow is no different. We find balance not in staying still, but in constant movement. 

Our little shop on a lonely north Portland street has been joined by three sister shops in New York, Tokyo, and Portland’s Nob Hill neighborhood. We’ve been featured in press ranging from The New York Times to The Guardian,from FoxtoMSNBC, from The Atlantic to Rachael Ray,from The Splendid Table to All Things Considered, from Bizarre Foodsto Scraps. Fortune 500 have companies taken a look under the hood of our discoveries in food and flavor, and we’ve chilled with institutions like Monell Chemical Senses Center and The Smithsonian.  I’ve had the good fortune to get five books published, and even nabbed a James Beard Award for one of them.  

And yet... we’re still a dinky little oddball shop. Mom and Pop. Press doesn't keep shops open, you.  Only customers.  Every day that we pull back the gauzy curtains, open our doors, put some buckets of flowers by the benches out front, we are saying more than any amount of media blitz and bling. 

Which brings us to the present.  “More than 8,600 stores are closing in 2019 as the retail apocalypse drags on.” 102 million square feet of retail closed in 2017. 155 million square feet in 2018 (CoStar Group).

 

Like a giant new continent emerging from the ocean, a single online retailer is shifting the face of our planet forever. And where are all the people going along with it? At times it seems like the very world around us seems to be vanishing has vanished into Snapchat and Instagram Stories. And yet thanks to you, here we are.   425sq/ft on N. Mississippi Ave. 450 square feet on Hudson St. 505 square feet on NW 23rd.  320 square feet in Shinjuku Station.  

Back in 2009 when I was writing my first book, I went to a food writer's symposium (now defunct) at a gangly sprawling resort called The Greenbrier — “America's Resort since 1778!”  The general consensus there was that books were dead.  Happily, unlike the symposium itself, the defunctness of books was greatly exaggerated. Adult nonfiction for example, has actually increased.  Who knew?  Paper still exists.  Butter was never replaced by margarine. Retail shops will be here in the future. 

The question is, what will that future look like? With so many stores shuttered, what will our streets look like? With so much commerce happening in the soulless sea of a flickering blue screen, what will happen in the absence of all that hubbub? Rubbing elbows.  Tripping over strollers. Smiling hello.  Petting puppies.  Loosing helium balloons. Knocking things over.  Snarfing truffle-salted popcorn. Shaking hands.  Saying goodbye. Customers and store owners and looky-loos and manufacturers all knocking together socializing and squabbling and discovering and swooning in that small physical square of reality known as a shop. What will your life look like with so many of those physical spaces gone? Different, that’s for sure.

So, going back to basics, “Why are we here?”  Meadowlings.  Humble merchants proud of a pretty little shop. That’s the purpose of this here blog. To tell The Meadow’s story. To share our learning. To explore, test, and air our beliefs.  The future is going to be real, and it’s going to bring challenges, and in the truest and fullest sense of the word, it’s going to be wonderful.  In this blog and in our shops, we’ll try to give shape to that vision!

--Mark Bitterman