MEDIA & NEWS

A Can of Gratitude

by Mark Bitterman

魚の缶詰のコレクションには、豊かで素晴らしい特権を与えてくれるのを知ることができます。この缶詰たちはどうやってここに来たのでしょう。ストーリーはどんなでしょう。

毎日、私たちは朝起きて、無数の責任に取り組むために急いでいます。夕方になると、家に帰って寝転がり、自分のため、猫のため、HOゲージの鉄道セットのため、ウィットリンのため、大事な人のために時間を費やします。毎日、少しずつでも生活の中心に欲しいものが蓄積されていくことを願っています。A
悟りを開いた人々は、今あるものに感謝することを実践しています。夜、頭の下にある柔らかい枕。子供たちが仲良く眠っていること。
悟りを開いた人々は、今あるものに感謝することを実践しています。夜、頭の下に敷く柔らかい枕。隣の部屋で静かに眠る子供たち。
隣接する部屋。車道に置かれた新しい車。昇進、出版契約、裏庭のブクブクいうジャグジー。 これらはすべて素晴らしいことであり、人生の目標となるものだと思います。

もちろん、私たちの中には、そのようなことに感謝していない人もいます。ジャグジーがない、新車がない、柔らかい枕がない、という理由で。人生の基本的な快適さが自分のものになるようなキラキラした夢をあきらめているか、少なくとも見ようとしない人たちがいます。そういったものをすべて持っている人もいますが、まだ持っていないものがたくさんあるので、感謝するには十分ではありません。

私が思うに、私たちは皆、この2つの要素を持っているのです。そして、私たちが毎日努力し、毎晩家に帰って楽しんでいるのは、必ずしも人生の中心にあるもの(富や枕)ではないということです。端っこにあったりするのです。

私の家にある魚の缶詰のように、私の人生がいかに豊かで素晴らしいか、そして特権的であるかの手がかりを見つけるのは、目の高さから22インチも高く、ほとんど手の届かない戸棚の一番奥にあるものであることが多いのです。すべての缶は、町の店や海を越えた缶詰工場で集められたり、買われたり、盗まれたり、贈られたり、偶然出会ったりしたものです。すべての缶には、油分を含んだオリーブオイルと油分を含んだ小魚の小さな密閉されたプールが入っています。 贈り物です。 ふっくらとしたオリーブも、銀色に輝く魚も、太陽の光と塩水の世界から犠牲になって、完璧な仮死状態に封じ込められています。

衝動的に塩味のクラッカーにレモンをかけて楽しむことができます。


皆さんへの愛と敬意を込めて。

マーク
オーナー
The Meadow & Bitterman Salt Co.dow

 

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

 A Can of Gratitude

  • by Mark Bitterman
  • January 08, 2020
  • 2 min read

Here we see an abundance of privilege, manifested as a collection of canned fish. How did they get here? What's their story?

Every day we wake up and rush off to tackle our myriad responsibilities. Every evening we rush home to flop out and enjoy time to ourselves or with our cats or our HO gauge train sets or our whittlin’ or our honey bunny. Every day, the hope goes, a little bit more of the things we desire will accumulate at the center of our lives.  A relationship. Some wealth. A little meaning. A sense of belonging.  

All along the way, the enlightened among us practice gratitude for what they do have. The soft pillow under the head at night. The kids sleeping sibilantly in the adjacent room. The new car in the driveway. The promotion, the publishing deal, the jacuzzi purring in the back yard.  All of this is great, I suppose, and something toward which to work in a life.  

Of course, others among us don’t meet such things with such gratitude. Some don’t because they have no jacuzzi, no new car, no soft pillow. There are those who have given up on, or at least strain to see, the shimmering dream where the basic comforts of life are their own. There are those who have all those things and more, but it is not enough to warrant gratitude because there is so much more yet to have. 

What I find is that we are all both of these people. And that it is not always the things at the center of our lives (wealth, pillows) that we are actually working toward every day, and coming home to enjoy every night. It is the things at the edges. 

As in the case of canned fish in my home, it is often the things at the very back of a cupboard, 22 inches above eye level and almost out of reach, where I find clues of just how rich and wonderful and, yes, privileged my life is. Every can an item collected, bought, purloined, gifted, happened across, in a shop across town or a cannery across an ocean. Every can holding a little hermetic pool of oily olive oil and oily little fish.  A gift.  Every plump olive and every silvery fish sacrificed from the sunshine and salt water of its universe to be sealed in a state of perfect suspended animation; a moment of life on earth, mine to enjoy on a salty cracker with a spritz of lemon whenever the impulse strikes. 

And I didn’t even know I had them.