MEDIA & NEWS

New location in New York!

by Mark Bitterman 


最初にお知らせしたい、エキサイティングなニュースがあります。ニューヨークのThe Meadowを再オープンします!  ニューヨークのウエスト・ビレッジで10年間営業してきましたが、パンデミックの影響で閉店せざるを得ませんでした。しかし、幸運にもマルベリーストリートのスプリングとプリンスの間、ノリータ(リトルイタリーの北側)の近所に、とてもクールな新しいスペースができました。そうです!あなたも私たちの一員なのです。私たちの棚はあなたの棚なのです。この私たちの店はあなたの店なのです。

私たちは、塩、チョコレート、ビターズ、花、そして調味料のような天才的な料理のための作品、オリーブオイル、穀物、パスタ、先鋭的なおいしさの様々な目立たない瓶に入った食品など、こだわりを持って厳選したセレクションを復活させます。しかし、私があなたにこれを書こうと思った最大の理由は、15年ほど前に私がそもそもなぜこのクレイジーなビジネスを始めたのかを振り返るためでした。

パンデミックという最悪の事態は、私たちのビジョンをこれまで以上に明確にしました。"場所 "は私たちの道しるべなのです。私たちのショップは何よりも、人々が意味のあるおいしい商品とつながることができる場所です。それはつまり「家」なのです。訪れた人は、商品の味だけでなく、その美しさや素晴らしさにも触れることができます。それは、昔ながらのおもてなしです。手作りの商品が棚に並ぶ物理的なスペース、床に置かれた生花のバケツ、ショップガイドの輝くばかりの歓迎、これらが組み合わさって「場」が生まれるのです。これは哲学的な話ですが、人はドアを開けた瞬間にそれを骨の髄まで感じるものなのです。

現在、「場」は非常に不足しています。グローバル化が進み、デジタル化され、断片化された世界において、私たちは親密さ、身体性、官能性、そして美しさを提供しています。私たちは皆、帰属意識を渇望しており、暑い夏の日には限りなく爽やかな気分にさせてくれる消火栓を持っています。このような「場」への深い欲求があるからこそ、塩やチョコレート、ビターズ、花などを扱う店が、あらゆる困難を乗り越えてニューヨークに戻ってくることができたのだと思います。 それは、私たちが一緒になって美しさと居場所のある世界を作っていると心から深く感じている理由であり、私たちの店があなたの店である理由でもあります。

だからこそ、お店に来てください!(詳細は近日中に発表します!)そして、それまでの間、お友達やご家族に伝えてください、ソーシャルメディアで私たちのことを叫んでください、ポートランドやオンラインで私たちを訪ねてください。私たちの場所はあなたの場所なのです。

それではまた、ニューヨークでお会いしましょう

--マーク
ザ・メドウ オーナー

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

 New location in New York!

 

  • by Mark Bitterman
  • August 22, 2021
  • 2 min read

    I have some exciting news I wanted you to be the first to know about. We’re re-opening The Meadow in New York City! After 10 years in the West Village of New York City, we had to close our doors during the pandemic. But we lucked into an insanely cool new space on Mulberry Street between Spring and Prince—the neighborhood of Nolita (North of Little Italy). Which brings me to you. You are part of us. Our shelves are your shelves. Our shop is your shop. 

    We’re bringing back our obsessively curated selections of salt, chocolate, bitters and flowers, plus works of culinary genius like condiments, olive oils, grains and pastas, and various obscure jars of radical goodness. But the main reason I wanted to write you was to circle back on why I got into this crazy business in the first place, some 15 years ago.

    The shit show of the pandemic has distilled our vision with greater clarity than ever before. “Place” is our North Star. Our shop is above all a place where people can connect with products that are meaningful and delicious. It’s a home. Visitors connect not just with the flavor of our products, but the beauty and wonder of them as well. It’s old school hospitality. The physical space handmade products hold on our shelves, the buckets of fresh cut flowers on the floor, the shiny welcome of our shop guides; these things combine to create Place. This is philosophical stuff but people feel it in their bones the moment they walk in the door.

    Place is in desperately short supply. In an increasingly globalized, digitized, fragmented world, we offer intimacy, physicality, sensuality, and beauty. We are all thirsty for belonging, and we have fire hydrants of it, boundless refreshment on a hot summer day. The deep-felt need for place is why, against all odds, a shop that sells salt, chocolate, bitters, and flowers has managed to come back to New York City.  And it’s why I sincerely, deeply feel that together we are making a world of beauty and belonging, and why our shop is your shop. 

    So come on down to the shop (details coming soon!) and in the meantime, tell your friends and family, shout us out on your social media, visit us in Portland or online. Our place is your place.

    See you back in New York!

    --Mark

    Owner, The Meadow