MEDIA & NEWS

Saving Small Business

by Mark Bitterman

政府の2.2兆ドルのCARES法は、ペイチェック・プロテクション・プログラム(PPP)というものに資金を提供しました。3,490億円のこのプログラムは、The Meadowのような中小企業に対して、平均的な月給の2.5倍の費用を融資するものです。驚くべきことは、一定のルールに従えばローンが免除される(つまり、助成金になる)ということです。驚くべきことではありませんが、そのルールによって、The Meadowのような多くの中小企業は、実際に資金を使うときには手を縛られることになるかもしれません。

PPP資金は主に給料に使われなければならない。そうでなければ、すでに借金まみれの資金繰りがさらに借金を重ねることになってしまうからです。 つまり、給料なのです。それは素晴らしいことですよね。人を解雇して、(運が良ければ)失業者を出すことで、経済を活性化させることができるのですから。経営者としての私の仕事は、お店がお客様に喜んでいただけるようにすること、そしてそれを実現する役割を担う従業員に生き生きとした場所を提供することです。

課題は、このお金を使うのが難しいということです。私たちの従業員は、何百万もの小規模な近接型ショップ、レストラン、ホテル、ジム、クリニックなどの従業員と同様に、物理的な空間で働いています。彼らは人間です。彼らが生み出す価値は、人間が他の人たちと一緒にいることを愛することから生まれます。

私たちのビジネスは、その具体的な内容を抜きにしても、お客様との親密さやつながり、そして私たちと同じような小さなビジネスがひしめく通りで働くというコミュニティを大切にしています。ですから、もし政府の支援が、(お店をクローズしているために)これを実現できない方法で使われなければならないとしたら、その結果、私が責任を持って(従業員を仕事に復帰させるために)支援を使うことができなくなってしまいます。これでは頭が混乱してしまいますので、もう少し説明しましょう。

今、私が考えている戦略は、The Meadowをある種の「凍結」状態にしておき、社会的な距離感が緩和されたときに、従業員を再び雇用し、(根本的には変更されていますが)お店をオープンし、何十もの職人メーカーから商品を購入し、私たちの小さな歯車を経済の巨大な歯車に加えることで対応できるようにするというものです。他の何千、何百万もの中小企業が同じことをすれば、経済を再び活性化させることができると期待しています。

それまでの間、私はコミュニケーションや電子商取引を通じてお客様とのつながりを保ち、新しい人々に手を差し伸べ、煮こんだ鍋をかき回し、すべてが終わった後もThe Meadowが買い物や仕事をする意味のある楽しい場所であり続けたいと思っています。これらはすべて「メタ」なのです。ソーシャルメディア、ニュースレター、ウェブサイトの開発、広告費、社内システムの開発などです。

対外的には、家主や債権者、サービスプロバイダーとの公正な交渉が必要です。これは、私たちが知っている素晴らしく身近な世界に再び戻るために、積極的かつ創造的に使うべき時が来たときに、手元に資金があることを意味します。

私たちのような小規模なショップ、バー、レストラン、ジム、ホテル、その他の近接型ビジネスを支援するために、できることはたくさんあります。保険会社は、COVID-19がもたらしたビジネスの混乱による正確な影響を認識する必要があります。家主が私たちと条件を再交渉し、その結果、銀行が住宅ローンを再交渉し、その結果、議会が住宅ローン担保証券のような固定金利の金融商品に何らかのおかしな変更を義務付けるなど、金融の食物連鎖が進む......。などなど。

これらのことは私の頭の中にはありませんし、私の給与等級にもありません。要するに、中小企業に負担を押し付けるのはやめて、自分の仕事をしろということです。PPPは基本的に連邦政府の試みで、社会的なセーフティーネットの責任を、最も余裕のない小規模な近接企業に負わせようとするものです。

しかし、ここで話を戻しましょう。神の緑の地球上には、この状況から抜け出すための十分なお金がありません。経済の豊かさ、多様性、そして経済は、中小企業の背中にのしかかっています。近接ビジネスで活動する小規模なビジネスは、現場に足を運ぶ視点をもたらします。そして、アメリカならではの素晴らしい点は、多様な文化的・経済的背景を持つ数百万人の頭脳の集合体であるイノベーションをもたらすことです。私たちは、コロナウイルス経済の中で私たちと従業員が直面している危機を深く理解し、それを乗り越えるための思いやりと決意のある態度を持っています。だからこそ、私たち全員が豊かな未来に向けて解決するために、近接した小規模ビジネスが果たす役割を認めましょう。

小規模ビジネスには時間が必要であり、得られるあらゆる資金とともに、小規模ビジネスが経済に参加するための最善の方法を解決する力を与える柔軟性が必要なのです。

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

Saving Small Business

  • by Mark Bitterman
  • April 10,2020
  •  3 min read

The Government's $2.2 trillion CARES act has funded something called the Paycheck Protection Program (PPP). The $349 billion program loans small business like The Meadow 2.5 times our average monthly payroll expenses. The amazing thing is that the loan will be forgiven (meaning it can become a grant) if certain rules are followed. The un-amazing thing is that those rules mean that many small business like The Meadow may have their hands tied when it comes to actually spending the money.  

The PPP funds must be spent primarily on paychecks--otherwise it just amounts to even more debt for an already debt-burned sector of our economy.  So, paychecks. That sounds great, right? Why lay people off and put them (if they're lucky) on unemployment when we can keep them on the roll and keep our economy humming? My job as a business owner is to make sure our shops bring joy to customers, and to give our employees a place to thrive in their roles bringing this to life every day. 

The challenge is that this money is going to be hard to spend. Our people, like the employees of millions of small proximity-based shops, restaurants, hotels, gyms, clinics, etc., work in physical spaces. They are people people. The value they produce derives from human love of being next to other humans. 

Our business, stripped of its specific details, is about the intimacy and connection of serving customers, and the community of working on a street filled with small businesses just like us. So if all this government assistance must be used in ways that cannot achieve this (because we are closed) then by extension it inhibits me from using it responsibly (to get my employees back to work). That sound like a mind-bender, so let me explain more.

My overarching strategy right now is to keep The Meadow in a sort of "deep freeze" so that as social distancing is eased, we can respond by hiring people back on, opening our shops (albeit in a radically modified way), buying products from dozens of artisan makers, and adding our itsy bitsy cog to the gargantuan gears of our economy. The hope is that, with thousands upon millions of other small and large businesses together doing the same thing, we can get the economy rolling again.

In the meantime, I want to stay connected with our customers through communications and e-commerce, reach out to new people, and stir up the pot we are all simmering in so that when all is said and done The Meadow remains a meaningful and joyful place to shop and work. That stuff is all sort of "meta." Social media, newsletters, website development, ad spending, internal systems development, etc.  

Externally, it entails negotiating something fair with landlords and creditors and service providers. It means having capital on hand when the time comes to spend aggressively and creatively as we re-engage in the wonderfully proximate world we know and love.  

There is much that can be done to help the small shops, bars, restaurants, gyms, hotels, and other proximity-based businesses like ours. Insurance companies must recognize the legitimate impact of the business disruption that COVID-19 has wrought. Landlords can re-negotiate terms with us, and in turn banks can re-negotiate mortgages, and in turn congress can mandate some kind of crazy changes to fixed-rate financial instruments like mortgage-backed securities, and so forth and so on up the financial food chain... Etc. etc.

All that is over my head, and my pay grade. The point is, stop shifting the burden to small business, and do your job. The PPP is basically the federal government's attempt to lay the responsibility of a social safety net on the small proximity-based  businesses that can least afford it.

But getting back to the point here: There isn't enough money on God's green earth to pay our way out of this. The full richness, diversity, and raw grunt of the economy is built on the backs of small business. Small proximity-based business brings the boots-on-the-ground perspective. And what's wonderfully and uniquely American about it all is that we bring the collective innovation of millions of minds from diverse cultural and economic backgrounds. We have an intimate understanding of the peril we and our employees face in the coronavirus economy and a compassionate, determined attitude about getting through it. So let's acknowledge the role of small proximity-based businesses in helping us all solve for a prosperous future.  

Small business needs time, and along with any funding we can get, we need the flexibility that empowers small business to solve for the best way to participate in our economy.