MEDIA & NEWS

Pedestrian Zones Can Save Our Cities (and Ourselves)

by Mark Bitterman

この夏、何百万人もの人々が、これまでにないほど外に出て一緒に生活することに憧れるでしょう。一方で、この夏、何百万もの個人経営の中小企業が、顧客にサービスを提供できずに倒産するでしょう。この不協和音はなんと耳障りなのでしょう。

これは私たちが向かっている先ですが、そのようになる必要はありません。

この夏、私たちが最も生活している通りで自動車を禁止するだけで、街を人々に開放することができるのです。(スウェーデンの道路管理局に依頼して制作されたカール・ジルグの表紙は、自動車がいかに物理的環境を占有するだけでなく、私たちを危険にさらしているかをうまく表現しています)。車がなくなれば、歩行者には道の真ん中に26〜32フィートの歩道を作ることができます。私たちの愛する場所にしている小さなビジネスに、10~12フィートの歩道を与えて、屋外に店舗を広げることができるのです。

ポートランドでも、ヒューストンでも、リトルロックでも、ニューヨークでも、私たちは膨大なスペースを車に明け渡しています。まず、アメリカには約20億個の駐車場があります。そこに舗装された道路のマトリックスを加えると、都市の60%が車に占領されていることになります。社会的な距離が近かった時代にはそれでよかったかもしれませんが、社会的な距離が遠くなった現代では、都市に住むことと車で移動することの両方を可能にするだけのスペースがありません。

混雑した空間で元に戻るには時間がかかりそうです。集団免疫。テスト。ワクチンの開発。すべてに時間がかかります。私たちが待つことができない、また待つべきでない理由は2つあります。

1つ目は経済的な理由です。ショップやレストラン、サロンなどの実店舗ビジネスは、お客様と直接対面して営業することを前提に作られています。彼らはコロナウイルス感染拡大前の稼働率に基づいて家賃や給料を支払っています。もしスペースが以前の半分の顧客しか収容できなければ、数週間どころか数ヶ月で廃業してしまうでしょう。に安全かつ快適に人でにぎわった店に戻れるようになるまで、家賃を支払う経済力は、ほとんどの小規模で近接したビジネスにはありません。そうなると、100万人の雇用が危うくなります。私たちは、中小企業に起業家としての余裕を与え、彼らの商品やサービスを私たち全員に届けるために必要なスペースを拡大しなければなりません。

都市に活気を取り戻さなければならない2つ目の理由は、心理的にも肉体的にも、私たち自身の健康のためです。人間は社会性を持つようにできています。コロナウイルスの発生による自殺率、不安、うつ病は、精神衛生上の危機です。クリニックや臨床医を増やしたり、薬を投与したりしても解決にはなりません。心の病を治療することは、治すことや予防することよりもコストがかかり、効果もありません。私たちは社会を健康にしなければなりません。

私たちの間での精神的な健康は問題の一部です。私たちは、お互いに距離を置くことが論理的に必要であるということを覆すために、お粗末な推論器を持ち込んでいます。10代の若者(あるいは大人)に「家にいなければならない」と言うだけでは、動物的な認知能力が理性を上回ってしまうからです。自分が狂っているとか弱いとか言うよりも、自分の衝動に耳を傾けることが大切です。

文化とは、安全性、経済性、そしてアイデンティティの交点です。安全を確保し、生活の糧を得て、自分自身でいられる場所を提供するように都市構造を再編成することで、私たちは逆境に直面しても適応し、これまで以上に健全で強固な文化を手に入れることができるのです。

賑やかな通りや活気あるビジネスは私たちのものです。夏は、世界に出て行くための新鮮なオープンエアをもたらします。夏は、独立した小規模ビジネスが、私たちにサービスを提供し、私たちを喜ばせる方法を再構築するためのスペースを提供します。歩道や道路を人々と共有しましょう。ドライバーよりも歩行者を優先してください。

私は自分の故郷であるオレゴン州ポートランドのために話します。6月1日から8月31日まで、以下の通りの一部に歩行者ゾーンを設けることを提案します。

  • NW 23rd Ave.
  • SE Hawthorne Blvd.
  • The Pearl District
  • N. Mississippi Ave.
  • NE Alberta St.
  • SE Hawthorne St.
  • SE Division St. 
  • SE 13th St. 
  • SW Broadway


このようにして、9つか10つの地域が生き返ったのです。何百万人もの人々が買い物をし、食事をし、お酒を飲みます。何千もの仕事、店、レストラン、家主。私たちがお互いにつながる方法は無限にあります。何百万ドルもの経済活動が、その繁栄を共有する他の独立した中小企業のコミュニティにまで波及しています。

町内会、事業者団体、市長、市の委員、市議会議員、市民の皆さん! 私たちが友人や家族と過ごす、木陰のある豪華な空間を、自分たちの足で取り戻しましょう。夏の間、商店街を歩行者専用にしましょう。

 

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

Pedestrian Zones Can Save Our Cities (and Ourselves)

  • by Mark Bitterman
  • May 06, 2020
  • 3 min read

This summer millions of people will yearn to go out and live life together like never before. This summer, millions of independently owned small businesses will fail because they could not serve their customers. The dissonance is jarring.

That’s the path we are headed down, but it doesn’t need to be that way.

We can open our cities to people this summer by simply banning automobiles on the streets where we live most publicly. (The cover image by Karl Jilg commissioned by the Swedish Road Administration illustrates nicely how cars don't merely take up our  physical environment, but imperil us!) With cars gone, we can give pedestrians 26 to 32 foot walkways down the middle of the street. We can give the small businesses that make our towns and cities the place we love 10 to 12 feet of sidewalk to create outdoor versions of themselves.

Whether you live in Portland, Houston, Little Rock, or New York, we give up an enormous amount of space to cars. First, there are some two billion parking spots in the USA. Tack the matrix of paved roads onto that and you have as much as 60% of our cities given over to vehicles. That may (or may not) have worked for us in a time of social proximity, but in a time of social distancing there is simply not enough room for us to both live in our city and drive in it.

Getting back together in crowded spaces is going to take time. Herd immunity. Testing. Vaccine. All will take time. There are two big reasons why we can’t and should not wait.

The first is economic. Bricks-and-mortar businesses like shops, restaurants, and salons were built to operate face-to-face with customers. They are paying rents and salaries based on pre-coronavirus occupancies. If spaces can accommodate only half the customers they previously did, they will be out of business in months if not weeks. Until we can safely and comfortably return to crowded rooms, the economics of paying rent will not work for most small, proximity-based businesses. That puts million of jobs in jeopardy. We must give our small businesses a little elbow room to be entrepreneurial, expand the space they need to bring their goods and services to all of us.

The second reason why we need to bring life back to our cities now is for our own health, both psychologically and physically. We are built to be social. Suicide rates, anxiety, and depression due to the coronavirus outbreak is a mental health crisis. More clinics and clinicians and medications are not the answer. Treating mental illness is more expensive and less effective than curing and preventing it. We must make society healthy.

The psychologically healthy among us are also part of the problem. We bring an arsenal of poor reasoning skills to undo the logical necessity of keeping our distance from one another. Simply telling teenagers (or adults, for that matter) that they’ve got to stay in will only get us so far because we’ll let our animal cognitive abilities overrun our reason. Rather than tell ourselves we’re crazy or weak, we could listen to our impulses.

Deep down, culture is the intersection of safety, economics, and identity. Re-ordering our city architecture in ways that keeps us safe, provides a livelihood, and gives us a place to be ourselves is how we adapt in the face of adversity and emerge with a healthier, more robust culture than ever.

Lively streets and thriving businesses can be ours. Summer can bring us the fresh open air to be out in the world. Summer can give our independent small businesses the space to re-invent how they serve and delight us. Share the sidewalks and streets with people. Prioritize pedestrians over drivers.

I’ll speak for my home town of Portland, Oregon. I propose that June 1 to August 31 we create pedestrian zones on portions of the following streets:

  • NW 23rd Ave.
  • SE Hawthorne Blvd.
  • The Pearl District
  • N. Mississippi Ave.
  • NE Alberta St.
  • SE Hawthorne St.
  • SE Division St. 
  • SE 13th St. 
  • SW Broadway

That’s nine or ten neighborhoods bought back to life. Millions of shoppers, diners, and drinkers. Thousands of jobs, shops, restaurants, and landlords. It’s endless ways to connect us with one another. It’s millions of dollars of economic activity that ripple out to the extended community of other independent small businesses that share in that prosperity.

Neighborhood associations, business associations, mayors, city commissioners, city council members, citizens! Let’s reclaims for our own two feet all that gorgeous shade-dappled space where we spend time with friends and family. Let’s open our shopping streets to pedestrians only for the summer.