MEDIA & NEWS

Let's Return to a Better "Normal"

by Mark Bitterman

個人経営のお店やレストランは、私たちの都市や町を愛する場所にしてくれます。コロナウイルスによってもたらされた社会的な距離感は、さまざまな面でこれらのビジネスを脅かしています。その数は3,000万にものぼりますが、新聞で報道されているようなことはあっても、彼らが受けている援助はわずかなものです。これらの企業が倒産すれば、地域の特徴が損なわれます。彼らが生み出す6,000万の雇用も失われます。味と文化と一体感のあるこの多様で複雑に絡み合ったものを通して公然と生きたいという人間の深い衝動が損なわれます。経済的にも社会的にも大きなダメージを受けることになります。

幸いなことに、これらを救うことは私たちの手の届くところにあります。

まず、私たちは、経済が「元に戻る」ことはないということを認識しなければなりません。「今までのノーマル」を目指していると、トンネルの絵の中に走り込むワイリーコヨーテのように、レンガの壁に向かって進むことになります。私たちは、社会的な距離を置くことで、社会的にも経済的にも変化することを認識しなければなりません。私たちは、新しいビジョンを受け入れなければなりません。

これは、情報化時代になって最初のパンデミックです。テクノロジーが可能にした新しい人間関係のあり方が、私たちの世界を再構築します。Zoomを使ったハッピーアワー、Facebookを使った料理教室、公園のベンチに座ってsnapchat、Instagramを使ったショッピングなどが、私たちの町の公共スペースと競合することになるでしょう。テクノロジーを駆使した小売チェーンやオンラインショップは、これまで以上に便利に、より安い商品を私たちに届けてくれます。アプリを使えば、他の人間と交流することなく、買い物やテーブルの予約、注文ができます。

これらはすべて、リアルベースのビジネスモデルと競合するでしょう。しかし、街はその競争に対応できるのです。それは、物理的に交流するための時間と空間だからです。

誰かと触れ合いたいという衝動は、テクノロジーでは満たすことのできない、人間の根源的な欲求です。街とは、本質的に「近さ」を意味します。私たちが街を体験するためのビジネスは、「近さ」を実現するものです。

人間の本質的なニーズを満たすために、町の本質的な強みを構築することで、町は生き残るだけでなく、繁栄することができます。

私たちは、ショップ、レストラン、ジム、サロンなどの「近接型ビジネス」を優先するように、市民の空間と規制政策を再編成しなければなりません。近接型ビジネスを支援すれば、他のすべてのビジネスや仕事がついてきます。失敗すれば、すべきところへ移動していくでしょう。ここでは、地域の小規模ビジネスを支援するための6つの方法と、あなたが毎日変化を起こせる1つの方法を紹介します。

歩行者天国にしよう
商業施設の家賃を収入の割合で設定する
実店舗を持つ企業の債務救済を行う
近接型ビジネスへの政府援助の優先順位付け
連邦レンガとモルタルのビジネス管理局の設立
個人経営の中小企業を応援しよう

今日、私たち一人一人が、「近接型ビジネス」とは何かを認識することから始めましょう。近接型ビジネスとは、お客様と従業員が対面して、リアルタイムで営業するビジネスです。例えば、物理的な世界で仕事をしている小売店、レストラン、バー、ホテル、ジム、サロンなどが挙げられますが、これらは社会的な距離の影響を最も強く受けています。これらは、文化的アイデンティティと経済的多様性をもたらしている小規模な個人経営のビジネスです。他の生態系と同様に、私たち自身の幸福もこれらの企業にかかっています。

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

 Let's Return to a Better "Normal"

  •  by Mark Bitterman
  •  
  •  2 min read

 

Independently owned shops and restaurants are what make our cities and towns the places we love. The social distancing brought by the coronavirus has imperiled these businesses on many levels. There are 30 million of them--and despite what you may read in the papers, the aid they’re receiving is minimal to none. If they fail, the character of our neighborhoods will suffer. The 60 million jobs they create will suffer. Our deep human urge to live publicly through this diverse tapestry of flavor and culture and togetherness will suffer. The economic and social damage combined will be profound.

Fortunately, saving them is easily within our reach.

First, we must recognize that there will be no "snapping back to normal" for our economy. Setting our sights on "normal” sets us on a path into the brick wall like Wile-E-Coyote running into a painting of a tunnel. We must recognize that social distancing now, and in the successive waves to come, will transform our social and economic lives. We must embrace a new vision.

This is the first pandemic of the Information Age. New ways of relating together, enabled by technology, will reshape our world. Happy hours via Zoom, cooking classes on Facebook, sitting on a park bench with snapchat, and shopping via Instagram will compete with our town’s public spaces. Tech-enabled retail chains and online shops bring us cheaper goods more conveniently than ever. Apps let us shop, reserve tables, and place orders without interacting with other human beings.

All of this will compete with human-based business models. Fair enough, but towns can handle that competition. All we need to do is look for what towns offer that technology cannot compete with—namely the time and space in which to physically interact.

The urge to be next to one another is a fundamental need, a deeply human itch that technology cannot scratch. Towns are by definition about closeness. The businesses through which we experience our towns are what make closeness happen.  

By building on an intrinsic strength of towns to satisfy an intrinsically human need, our towns can do more than survive, they can thrive. 

We must re-organize our civic space and regulatory policy to prioritize “proximity businesses” like shops, restaurants, gyms, salons, etc. Support the proximity businesses in our communities and all the other businesses and jobs will follow. Fail them, and the rest will move to places that do. Here are six ways to advocate for small business in our neighborhoods, and one way you can make a difference every day: 

  • Establish Pedestrian Shopping Streets
  • Set Commercial Rents to Percentage of Revenue
  • Provide Debt Relief for Bricks-and-Mortar Businesses
  • Prioritize Access to Government Aid on “Proximity Businesses”
  • Establish Federal Bricks and Mortar Business Administration
  • Patronize Independently Owned Small Business!

Each of us, today, can start by recognizing what a "proximity business" is. A proximity business is one that operates face-to-face, in real time, customers together with employees. Examples are retail shops, restaurants, bars, hotels, gyms, and salons doing work in the physical world; these are the hardest hit by social distancing. These are the small, independently owned businesses that bring our cultural identity and economic diversity to life. As with any ecosystem, our own personal wellbeing depends on them.