MEDIA & NEWS

Eight Weeks Out from When

by Mark Bitterman

閑散とした通りに回転草や戸惑う観光客が転がる中、23番街にある店の窓際に座っていた私は、そこを通り過ぎる親しい友人を見つけました。 彼が店に入ってきて、一遍通りな一般的な会話を超えた話をしました。ウェイデは、根っからの起業家であり、楽観的な人です。偉人の話をよく聞く人でもあります。 そんな彼が、会話の中に1つのセンテンスを入れるのに時間はかかりませんでした。"困難の中にこそチャンスがある"


今、私たちは危機に瀕しています。 私たちが測定したり、解析したりするよりも早く、危機は深まっています。私の知り合いの中小企業の経営者の多くは、打ちのめされています。どうすれば今の状況を把握することができるでしょうか? 危機の「終わり」、つまり正常な状態に戻ることを、到達すべきゴールポストとして期待したくなるものです。


いつ終わるのか? 中国では8週間と言われています。私も含めて、そうは思わない人もいます。


いずれにしても、私はこの種の計算はほとんど問題ではないと思います。 むしろ、この危機に直面したときに最も重要なことのひとつは、現在直面している危機だけでなく、今後数カ月の間に危機から生まれてくる社会やビジネスの状況を評価することです。


つまり、「正常な状態に戻る」とはどういうことかということではなく、「正常な状態は進化する」ということです。私にとっては、ニューノーマルが生まれることは疑いの余地がありません。あるいは、少なくとも、奇妙な出来事の連続的な波を私たちが普通だと思うようになるまで、ゆっくりと解消されていくことでしょう。


ここでは、数週間後、あるいは数ヶ月後にも「いつも通りの生活」に戻れない理由を説明しようとする、ニューヨーク・タイムズ紙の最近の記事を紹介します。 この記事は、未来の良いイメージを作り出していると思います。しかし、「8週間」という時間軸については正確ではありません。というのも、感染者数、ましてや検査対象者数については、国民全体がどのようなカーブを描いているのかがわからないからです。また、多くの都市が強力で断固とした行動をとっていますが、どの集団が最も感染しているのか、どの集団が感染を遅らせたり止めたりするために有意義な行動をとっているのかを理解するまでは、改善(社会的距離を置く)努力の効果を推測することはできません。


この記事が説得力を持って説明しているのは、COVID-19が持続的な変動の時代の先駆けになるだろうということだと思います。 国民のニーズと民間企業のニーズ、医学界のウイルス対策と政治界の経済対策。 これは過去に経験したことのあることではありませんが、全く魅力のない未来でもありません。変化はやってきます。そしてそれは(今、私たちの多くが感じているように)単に私たちに起こるのではなく、私たちとともに、そして私たちを介して起こるのです。 私たちは、新しい社会的・経済的標準に手を貸すことになるでしょう。


だから、私は散歩中の友人に同意します。私たちにはエキサイティングなチャンスが待っています。「 いつ」を推測することはまだできなくても、その「いつ」がどのようなものかを想像することはできます。 "コロナウイルスの危機はいつ終わるのか? これは答えのない質問ではなく、間違った質問なのかもしれません。それは、春を見たことがないのに「冬はいつ終わるのか」と聞くようなものです。


ビジネスでも人生でも、「終わり」は本当は新しい始まりであることが多いのです。

--マーク閑散とした通りに回転草や戸惑う観光客が転がる中、23番街にある店の窓際に座っていた私は、そこを通り過ぎる親しい友人を見つけました。 彼が店に入ってきて、一遍通りな一般的な会話を超えた話をしました。ウェイデは、根っからの起業家であり、楽観的な人です。偉人の話をよく聞く人でもあります。 そんな彼が、会話の中に1つのセンテンスを入れるのに時間はかかりませんでした。"困難の中にこそチャンスがある"


今、私たちは危機に瀕しています。 私たちが測定したり、解析したりするよりも早く、危機は深まっています。私の知り合いの中小企業の経営者の多くは、打ちのめされています。どうすれば今の状況を把握することができるでしょうか? 危機の「終わり」、つまり正常な状態に戻ることを、到達すべきゴールポストとして期待したくなるものです。


いつ終わるのか? 中国では8週間と言われています。私も含めて、そうは思わない人もいます。


いずれにしても、私はこの種の計算はほとんど問題ではないと思います。 むしろ、この危機に直面したときに最も重要なことのひとつは、現在直面している危機だけでなく、今後数カ月の間に危機から生まれてくる社会やビジネスの状況を評価することです。


つまり、「正常な状態に戻る」とはどういうことかということではなく、「正常な状態は進化する」ということです。私にとっては、ニューノーマルが生まれることは疑いの余地がありません。あるいは、少なくとも、奇妙な出来事の連続的な波を私たちが普通だと思うようになるまで、ゆっくりと解消されていくことでしょう。


ここでは、数週間後、あるいは数ヶ月後にも「いつも通りの生活」に戻れない理由を説明しようとする、ニューヨーク・タイムズ紙の最近の記事を紹介します。 この記事は、未来の良いイメージを作り出していると思います。しかし、「8週間」という時間軸については正確ではありません。というのも、感染者数、ましてや検査対象者数については、国民全体がどのようなカーブを描いているのかがわからないからです。また、多くの都市が強力で断固とした行動をとっていますが、どの集団が最も感染しているのか、どの集団が感染を遅らせたり止めたりするために有意義な行動をとっているのかを理解するまでは、改善(社会的距離を置く)努力の効果を推測することはできません。


この記事が説得力を持って説明しているのは、COVID-19が持続的な変動の時代の先駆けになるだろうということだと思います。 国民のニーズと民間企業のニーズ、医学界のウイルス対策と政治界の経済対策。 これは過去に経験したことのあることではありませんが、全く魅力のない未来でもありません。変化はやってきます。そしてそれは(今、私たちの多くが感じているように)単に私たちに起こるのではなく、私たちとともに、そして私たちを介して起こるのです。 私たちは、新しい社会的・経済的標準に手を貸すことになるでしょう。


だから、私は散歩中の友人に同意します。私たちにはエキサイティングなチャンスが待っています。「 いつ」を推測することはまだできなくても、その「いつ」がどのようなものかを想像することはできます。 "コロナウイルスの危機はいつ終わるのか? これは答えのない質問ではなく、間違った質問なのかもしれません。それは、春を見たことがないのに「冬はいつ終わるのか」と聞くようなものです。


ビジネスでも人生でも、「終わり」は本当は新しい始まりであることが多いのです。

--マーク

 

The Meadow(US)HPより

*****************************************************************************************

 Eight Weeks Out from When

  • by Mark Bitterman
  •  March 23, 2020
  •  2 min read
I was sitting in the window of our shop on 23rd Avenue as tumbleweeds and bewildered tourists rolled down the deserted streets when I spotted a close friend strolling by.  He came in and we had a talk that went beyond the common conversations of the moment. Wayde is an entrepreneur and glass-half-full fellow through and through. He is also a great quoter of great minds.  It didn't take him long to drop one into the conversation: "In the middle of difficulty lies opportunity." 

 

We are in crisis.  It is deepening faster than we can measure, much less parse. Many small business owners I know are overwhelmed. How to gain perspective on the moment?  It's tempting to look to the "end" of a crisis, a return to normal, as a goalpost to reach.

 

When will this thing end?  The numbers from China suggest eight weeks, some say. Others, myself included, disagree.

 

And regardless, I think this kind of reckoning is largely beside the point.  Instead, one of the most important things to look at when in this crisis is assessing not just the crisis as we face it today, but the social and business landscape that will emerge from the crisis in the months ahead. 

 

In other words, it's not about  what will a “return to normalcy” looks like because normal evolves. To me there is little doubt that there will be a new normal, Or at least successive waves of weirdness that slowly dissipate into what we will think of it as normal.

 

At bottom is one recent New York Times article that tries to explain why we will not be going back to "business as usual" in weeks, or even months.  I think it creates a good mental image of the future. It it is off base in terms of the "8 weeks" timeline because we do not know where we are on the curve we are as a population in terms of contracting cases, much less testing people. And while many cities are taking strong and decisive action, we cannot begin to guess at the effectiveness of our remediation (social distancing) efforts until we understand which populations are most infected and which of those are acting in meaningful ways to slow/stop transmission.

 

What the article does explain compellingly, I think, is that COVID-19 is going to usher in sustained period of oscillations.  The needs of the public and the needs of private business, the viral remedies of the medical establishment and the economic remedies of the political establishment.  This is not a place we have been before but it is not an entirely unappealing future. Change is coming, and it won't just happen TO us (as it feels for many of us now) but will happen WITH and THROUGH as well.  We will have a hand in the new social and economic normal.

 

So, I agree with my strolling friend. We will have exciting opportunities ahead!  If we can’t just yet gauge the “when,” we can at least start imagining what that “when” will look like.  "When will the coronavirus crisis end?"  Maybe that's not just an unanswerable question, it's the wrong question. It's like asking, "when will winter end," when you've never seen spring. 

 

In business as in life, often the "end" is really a new beginning.

--Mark